社長の挨拶

銀座コージーコーナーは1948年(昭和23年)、東京銀座6丁目に1軒の小さな喫茶店として開業しました。戦後まもなく物資が不足する中、創業者はお菓子づくりの材料調達に奔走したといいます。
復興に励む人たちを元気づけ、夢と希望、そして笑顔をお届けできる「憩いの場」を提供したいという熱い想いからでした。
パリのカフェを彷彿とさせるアールヌーボーの装飾が施された店内で、日本ではまだ馴染みの薄い洋菓子を日本人の嗜好に合わせてつくり、提供する―洒落た雰囲気の中で味わうケーキのおいしさは人々を魅了し、いくつもの笑顔を生み出しました。至福の時間を求めて人が集い、銀座で人気の店となったのです。
当時の想いは、洋菓子を「スイーツ」と呼ぶようになった今も引き継がれています。スイーツには、人の心を癒し、人と人とを結びつける力があります。私たちの仕事はたくさんの人を幸せにすると信じ、一人ひとりの社員が仕事に誇りとプライドを持っています。
「スイーツに笑顔を添えて、笑顔を広げる」
私たちはこの言葉を旗標とし、スイーツですべての人を笑顔にするため、夢とチャレンジ精神を胸に邁進してまいります。

さらに、創業70周年を迎えた2018年、私たちは「いちばん近くの、おもてなし。」という新しいスローガンを掲げました。安全でおいしいスイーツと居心地のよいサービスで、いちばん身近なスイーツショップとして親しんでいただきたい。そして、誰かをおもてなししたいとき、いちばん先に思い出してほしい。いつも親しみやすくて、いざというときには頼りになる。それが私たちがめざす“おもてなし”です。

代表取締役社長 山下訓央

お客様センター

フリーダイヤル

0120-175-257

受付時間

9:00 - 18:00

ページトップへ