食品安全への取り組み

お客様に安全で美味しい商品をお渡しするために、従業員全員が高い意識を持ち、原材料の選定・調達から製造、商品の配送、店舗での販売方法に至るまでフードチェーン全体で管理しております。また、お客様の声を速やかに共有し、改善に繋げています。
生産工場、物流センターではISO22000食品安全マネジメントシステムを運用し、食品安全方針の下に組織全体で食品安全に取り組んでおります。

ISO22000認証とは

ISO22000とは、食品安全の確保を目的として、品質マネジメントシステムISO9001を骨格として、HACCPシステムと一般衛生管理プログラム(ISO22000では前提条件プログラム)を組み合わせたマネジメントシステムであり、国際標準規格となっています。
川口工場は2011年、埼玉工場および神奈川清川工場は2015年にISO22000認証を取得いたしました。

食品安全方針

私たちは以下の食品安全方針を定めております。

  1. 安全で美味しい商品を提供し続けることにより、お客様の信頼と満足を得ることをめざします。
  2. 事業活動における関連法令およびお客様の食品安全に関する要求事項を遵守します。
  3. 食品安全マネジメントシステムを構築し、年度毎に食品安全目標を設定するとともに定期的な監査を実施し、その維持・継続的改善、レベル向上に努めます。
  4. お客様および外部機関とのコミュニケーションを行い、商品品質の向上に努めます。
  5. 食品安全方針をすべての従業員に周知させ、全従業員の食品安全意識の向上を図ります。

食品衛生管理

私たちは食品衛生管理として以下の取り組みを行っております。

  • 原材料の選定、商品づくり、配送からお客様へのお渡しまで、フードチェーン全体でコミュニケーションをとりながら徹底した管理を行っています。
  • HACCPシステムを取り入れ、重要な製造工程に対し万全の管理を行っています。
  • 自工場の検査室において、原料や最終商品の検査を行える体制を整えており、万全な検査体制で原料、商品の確認をタイムリーに行っています。
  • 食品衛生法等、関連する法規制要求事項を遵守するとともに、ISO技術仕様書であるISO/TS22002-1で定める規格に準拠した前提条件プログラムを確立し、その中で従業員の体調管理や衛生管理に関わる手順やフードディフェンスに関わる事項等を取り決め、あらゆるリスクの排除に努めております。

お客様センター

フリーダイヤル

0120-175-257

受付時間

9:00 - 18:00

ページトップへ